Home –  ウェブサービス – 私が便利だと思う5つのGmail Labs機能

私が便利だと思う5つのGmail Labs機能


gmail-labs-top

スパムメール対策が優秀で、メールに広告が入らず、容量も7GB以上と 文句なしの Webメールサービスの Gmail の Labs の便利機能を紹介します。

1. ラベルのネスト (Labs)

ラベル(Gmailのタグのようなもの)を入れ子構造(ネスト)にできるようにします。
視覚的な分類と、下層ラベルの表示非表示を1クリックで変更でき便利です。
google_gmail_label_02
右上の”設定”→”Labs”、あるいは右上にある緑色のフラスコのアイコンをクリックします。
ラベルのネストで “有効にする” を選択して、”変更を保存” します。
これで、ラベルのネスト機能は有効になります。
google_gmail_label_01

次にラベルを作ります。
ここでは、”00_研究” というラベルの下に “資料”というラベルを作りたい場合は、
“00_研究” というラベルと “00_研究/資料” というラベルを作ります。
google_gmail_label_03

iPhone でもラベルのネストには対応しており、下図のように表示されます。
google_gmail_label_04

2. スーパースター (Labs)

重要なメールを目立たせる機能の「スター」の目印の種類を増やします。
スター付きメールの中でも、重要度や緊急度で分類できるようになります。
“設定” → “Labs” を開き、スーパースター の “有効にする” を選択して変更保存します。
google_gmail_superstar_01

“設定” → “全般” で使いたいスターを選びます。
google_gmail_superstar_02
左から順番にスターが変わるので上の画像の場合は、スターを繰り返し付けると
黄色い星→青い星→チェックマーク→ビックリマークの順に変わります。

3. マルチ受信トレイ (Labs)

複数の受信トレイを表示させることができるようになります。
この機能を使えば多種のメールを同時に見ることができ、一覧性が上がります。
“設定” → “Labs” を開き、スーパースター の “有効にする” を選択して変更保存します。
マルチ受信トレイ

“設定” → “マルチ受信トレイ” で下図のような画面になります。
gmail_multi_02

上図の設定だと、下図のように表示されます。
gmail_multi_03

4. 送信取り消し (Labs)

“送信” を押した後でも、最大30秒までは送信の取り消しができるようになります。
“設定” → “Labs” を開き、送信取り消しの “有効にする” を選択して変更保存します。
gmail_sousin_torikeshi_01

“設定” → “全般” から、取り消し時間設定項目があります。
5秒, 10秒, 20秒, 30秒のどれかに設定できます。
gmail_sousin_torikeshi_02

5. 受信トレイのプレビュー (Labs)

Gmail の読み込み時に、受信トレイの件名と本文を表示させることができます。
受信トレイのプレビューの “有効にする” を選択して変更保存します。
gmail_preview_01

Gmail のロード時に下図のように表示されます。
gmail_preview_02

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA