Home –  SEO – SEOにおける基本的な5つの戦略

SEOにおける基本的な5つの戦略

SEO (検索エンジン最適化) は、世の中のありとあらゆるビジネスにおいて、インターネットメディアの重要な要素です。検索エンジンの検索結果を表示するページの見やすさと検索ランキングで上位を取ることは、ネット上での成功のバックボーンになります。
しかし、低品質なSEO業者から、ユーザビリティを無視して検索上位だけを狙った度が過ぎる検索エンジン最適化を指導されることが時々あります。
しかし、自分で行えば無料で基本的なSEO対策はできます
セルフSEO対策の5つの戦略を紹介します。

タイトルタグにキーワード

<title>要素は、Google がウェブページを分析するときに一番注目している部分なので、SEO的にとても大事です。あるキーワードで検索上位を狙うために、その重要なキーワードをページタイトルに入れることが良い戦略です。
しかし、タイトル要素は、『そのページが何なのか』 を説明するためにある、ということを忘れないでください。また、タイトル要素は検索結果に表示されるので、独自性があり、覚えやすく、短いものがよいでしょう。人気ブログのタイトルタグの付け方も参考。

サイト中にキーワードをばらまく

『ページとキーワードの関連性が高い』と検索エンジンに認識させたい場合は、ウェブページにキーワードを散りばめるのが良いというSEOノウハウが一般に知られています。
通常、意識しなければ関連語がその記事中に分散するはずです。
しかし、意識しすぎて過剰に詰め込む傾向があります。記事を書いたら声に出して読んでみてください。SEOを意識しすぎて不自然な文章になっている可能性があります。

他のブログにコメントを書くときにリアルネームを使わない。

検索エンジンのランキングを上げるためには、大量のリンクを獲得しなければいけません。その手段の一つとして、ブログへのコメント書き込みがあります。
ページランクの高いブログのコメント欄にコメントする時に、URLを入れるとリンクが貰える場合があります。 その際、名前の代わりに最適なキーワードを入力すると良いかもしれません。 そうすれば、Google bot がそのキーワードとURLを関連性があると認識します。
しかし、多くのブロガーは自分のブログコメントスペースがスパマーの餌食にならないように、rel=”nofollow” を付けています。しかし、今後 nofollow付きのリンクが完全にページランクを渡さないとは限りませんし、微少かもしれませんがSEOに有利になるかもしれません。

本文中から過去記事へリンクを張る

記事中には豊富なキーワードがあり、ブログの過去記事にリンクを張る絶好のチャンスです。関連性の高い記事へのリンクは情報を探しやすくなり、サイトのユーザビリティも向上することができ、ブログ読者にとって非常に有益です。
ただし、過剰なリンクはその記事の質が悪いという証拠です。

相互リンクをメールで依頼する

スパムコメントやペラサイト量産は効果がなくなりました。
では、どうすれば上質なリンクが得られるでしょうか?
簡単です。相互リンクをすればいいのです。
仲の良いウェブ運営者は頻繁に相互リンクを楽しんでいます。
しかし、知らないようなウェブサイトからの相互依頼メールが何十通もメールボックスに入っていたら退屈になります。
そんなサイトの相互依頼を受けると、あなたのブログはスパムサイトの温床になってしまいます。
常識を越えたほど大量の相互依頼メールを送るなら、質の高い記事を一つ書いた方がマシです。

5 SEO Tactics That Make You Look Like a Douche

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA