Home –  ライフハック – ガールフレンドを作るために必要な5つのステップ

ガールフレンドを作るために必要な5つのステップ

彼女の作り方

雑誌の編集者やコラムニストが、男性が彼女を作るために言った5つのアドバイスをまとめました。彼らが言っていることは20年前は当てはまりましたが、今ではもう時代遅れかもしれません。ですが、今のティーンエイジャーも知っておいても損はないでしょう。

1. ポエムを書け!
彼女の作り方

 好きな女の子にモテたいティーンエイジャー達は自分へ興味を持ってもらうために詩や歌を書きます。しかし、そのほとんどが単純でありがちな文章、例えば、「僕は君がいないと生きていけない」 とか 「このドキドキを恋と呼ぶんだ」 みたいな、3000年以上前から繰り返されているセンスのないポエムを書くでしょう。

 彼女の目が見えないならば文章を読めず、あなたに興味がわかないことも当然ですが、そんな駄文だったら目が見えたとしても、あなたに興味がわかないでしょう。あなたにしか書けない個性的な詩を書いたとしたら、興味を引くかもしれません。ありがちなポエムを書くくらいならやめた方が良い、書くなら個性を出せということです。

2. 勇気を持て!
彼女の作り方

 どんな “恋愛相談専門家” でもこのアドバイスをするでしょう。
自信過剰になれと言ってるわけではありません。初対面の相手でも気楽に話せるくらいの自信さえあればいいのです。

 例えば、好きな女性がグループの中にいて、あなたの友人がその場から立ち去ったとき、独りぼっちにならない会話力があれば、あなたは笑われることがなくなりますし、友人だけしか会話をしない人だと思われて、好きな女性に話しかけられなくなることもなくなります。

 あなたが、素敵な女性と偶然ドラマチックな出会いができるくらい超絶イケメンでないなら、友人や知り合いに素敵な女性はいないかどうか聞いて、その女性を含めた友人達で遊びに行く約束を取りつけるのが良いでしょう。そこで女性と仲良くなっていくと、自然により親密な関係になり付き合うことができるようになります。

 気をつけることは、いきなり女性を二人きりで遊びに誘ってはいけません。最悪の場合、ストーカーと言われてしまいます。女性があなたに興味がないうちはそんなことをしてはダメです。

3. 楽器を上手に弾けるよう努力しろ!
彼女の作り方

 当然、タンバリンやトライアングルのことを言ってるのではありません。もっと努力が必要なものです。一般的にはギターなどです。特にギターは少し下手だとしても、ある程度は綺麗な音がでます。楽器を華麗に演奏すると、周りの人達はあなたのことをクリエイティブな人だと考えます。しかし、女性はあなたに興味を示さないでしょう。

 今のあなたが 「休日に何をしていますか?」 と聞かれて 「一日中、自慰をしています」 と答えているなら別ですが、他に一般的な趣味を持っているなら、ギターを華麗に演奏してもしなくても大差はないです。

よく考えてみてください。女性と、24時間年中無休で一緒にいるわけではないので、常にクリエイティブで飽きさせない男性でいる必要がないわけです。しかし、彼女と一緒にいるときは常に面白い人でいてください。そして、重要なのは面白く感じさせることです。彼女が楽しんでいるなら、あなたはどれだけ非創造的でも良いのです。楽しませればいいのです。

4. 好きな女性が興味があることに、興味を持て!
彼女の作り方

 彼女がしていることを、あなたができると、それがきっかけになります。そうすると、(女性が好きなことってなんだろう……例えば裁縫かな) 彼女は裁縫道具を持ってあなたの側に寄ってきます。趣味が合う人とは会話が弾みます。そして、彼女はあなたに興味を持つようになります。裁縫じゃなくても良いです。

 例えば、テレビゲームでも。アクションゲームで彼女の操作しているキャラクターが死んでしまったら復活させてあげたり、苦手なポイントを交代して助けてあげたりすれば、楽しい時間を過ごすことが出来ます。

 仲良くなるためには一緒に何かをすることが必要ということです。彼女が何かに興味を持ち始めていたら、一緒に初めて見てください。逆にあなたの興味があることに、彼女を誘ってみてください。つまり、同じ趣味を持つように努力してください。

5. 彼女に合わせたロマンチックな行動をしろ!
彼女の作り方

歌や詩を綴るのはこれに含まれます。それだけじゃなくて、もっと多くの “ロマンチック” なことをしてください。しかし、ほとんどの女性にとって、ロマンチックな雰囲気がベストとは限りません。逆効果になることだってあります。

例えば、十代のほとんどの女性はハイテンションのクレイジー野郎が好きです。そして、あなたがクレイジーじゃないなら、どうやったって、その女性は振り向いてくれません。そういうクレイジー野郎のほとんどは無知で横柄で生意気で愚かです。しかし、十代の時にはそれが魅力に見えるのです。
 十代にとっては、ルックスがすべてです。他人からどれだけ、「人間は顔じゃない、中身だよ」と言われても、それは真実にはなりません。

 例えば、僕の場合、好きな女性と仲良くなるために 2年の歳月を要しました。それまで私はあらゆるテクニックを試しました。ロマンチック戦術、クールキャラ戦術、ポエム戦術。どれも彼女の興味を引くことは出来ませんでした。なぜでしょうか。
 それは単純です。そのような男性が好きじゃなかったからです。魅力的に見えなかったからです。そして、残っているクレイジー戦術を試みました。それは僕の外見とピッタリだったので、それは成功し彼女と付き合うことができました。それから、僕は、好きな女性にアタックする際の戦術を変えました。

 あなたの好きな人の目から見て、魅力的でないなら戦術を変えるべきです。
 要するに、あなたが好きな女性の性格に合わせて、あなたの性格を変えるべきです。 『アイデンティティ (自己同一性) 』 つまり、”自分” なんてものはないんです。

 あなたのクラスに、お風呂に入らないで不潔なクラスメートがいませんでしたか? その人は、周りに影で悪口を言われていませんでしたか? 彼は、他人の目から自分を見ていなかったのです。

僕は彼と同じだったのです。女性と付き合いたいという考えを持っているなら、他人の目から自分を見てみましょう。それができたら、あなたは女性と仲良くなることができます。

5 Tips Relationship Experts Give Teenage Boys To Get Girl – Weird Worm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA